人気ブランドから購入方法まで!結婚指輪を初めて購入する人が知っておきたい情報をご紹介

このサイトでは人気ブランドから購入方法まで、結婚指輪を初めて購入する人に役立つ内容をご紹介しています。
大切な結婚の証となる指輪を手に入れる前には知っておきたい内容です。
またマリッジリングの購入時に確認したいことも解説しています。
長く愛用できる指輪を買うためにも、押さえておくと良いでしょう。
さらに結婚した人が着けるための指輪は通販でも購入できるのかといった、気になる情報も掲載しているサイトとなっています。

人気ブランドから購入方法まで!結婚指輪を初めて購入する人が知っておきたい情報をご紹介

入籍することになったので、結婚指輪の購入を考えている人もいるのではないでしょうか。
結婚指輪は様々なブランドの製品があります。
海外のハイブランドから国内ブランドまで、それぞれ人気を集めています。
結婚指輪を購入するなら、まず自分好みのブランドやショップの情報を集めるのがおすすめです。
そして予約をしていくつかの店舗を訪れてみるのが良いでしょう。
実際に試着をしてデザインや着け心地などを確認し、品質・デザイン・価格などに納得の指輪を見つけます。

結婚指輪と婚約指輪は何が違うのか

ブライダルジュエリーといえば結婚指輪や婚約指輪がありますが、これらはどのような違いがあるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
どちらも似ている印象があるかもしれませんが、それぞれ違った意味があります。
結婚指輪は結婚した夫婦が付ける指輪です。
結婚式では互いに交換をする儀式が行われることも少なくありません。
リングは切れ目がないことから、永遠の愛を誓った証の意味があります。
一般的に夫婦で統一感のあるデザインのものが選ばれることが多いです。
とはいえ必ずしもお揃いでなくてはならないことはなく、カップルによっては違ったデザインの結婚指輪を選ぶこともあります。
婚約指輪は婚約の記念に男性から女性に贈られる指輪です。
結婚指輪と比較すると価格が高めのものが多い傾向があり、デザインも凝ったものや華やかな印象のものが多くあります。
地球上で最も硬い石であることから、変わらない心を意味するダイヤモンドをあしらったデザインが定番です。

結婚指輪を嵌める指とその理由とは

結婚指輪を嵌める指として一般的なのは、左手の薬指とされています。
しかしそれは正式な決まり事ではなく、どちらの手のどの指に着けても問題はありません。
右手左手ともに指ごとの意味があるため、1カ所にこだわらずに気分によって自由に位置を変えても構わないのです。
それではなぜ、左手薬指が定番となったのでしょうか。
その理由は、左手薬指には心臓につながる太い血管があるとい、古代ギリシャの伝説に由来します。
心臓はハート・心や愛の象徴であるという考えや、血管は愛情の静脈と呼ばれていた事から、左手薬指は愛を深める指だと考えられていました。
そこから、左手薬指に嵌める習慣が定着したと言われています。
また国や宗教によっても違いがあり、例えば東ヨーロッパや北欧のいくつかの国では、結婚指輪を右手薬指に婚約指輪を左手薬指にというのが一般的です。
さらに宗教や宗派によっても異なり、キリスト教の場合はカトリックでは左手薬指・プロテスタントでは右手薬指という傾向があります。
その他にも東南アジアの一部地域には、足の指に指輪を嵌める習慣があり、国や文化の違いを見る事ができます。
このように嵌める指は多種多様であり、どの指に着けても問題のない結婚指輪ですが、共通して言える事はさまざまな願いや希望を込めているという事です。
そんな結婚指輪を、おふたりの今後の人生の絆として着けられてみてはいかがでしょうか。

結婚指輪の人気ブランドの特徴とは

結婚指輪で人気ブランドの特徴となっているのは、宝飾品店独自のオリジナルブランド品が多いことです。
宝飾品店が独自に研究・開発をした結果完成したものが定番の人気商品となっています。
また、ランキングサイトなどでも上位に入っているのは大手人気宝飾品店が独自に完成させたブランドばかりで、海外の物も人気は高いですが国内ブランドの物のほうが人気となっているのも特徴の一つです。
特に昔ながらの老舗の店舗は非常に評判がよく、アフターケアも万全であるために利用している人が少なくありません。
総合的にサービス内容を確認したうえで利用する人が増えていることから、多くの人に評判の良いのは総合力の優れているブランド品であることがあげられています。
結婚指輪は2人の生涯に大切な物だからこそ、納得できるものを完成させることが重要です。
その点大手宝飾品チェーン店など多数の店舗で独自ブランドを開発・提供していることは、人気の高さを裏付けるポイントとなっています。

結婚指輪の代金の支払いは誰がするのか

結婚するときに結婚指輪を用意することになりますが、基本的に誰が支払いをするのか気になるかもしれません。
一般的には男性が支払いをすることになりますが、最近では一緒にお金を出すようなことも珍しくないです。
女性も大学を卒業した後に就職するようなことが多くなっていますから、お互いに割り勘をする形で結婚指輪を購入することも多くなっています。
そのようなことをすると共働き世帯として、結婚後も一緒に協力しながら生活していくことができるので、安心して幸せに暮らしていくことができるかもしれないです。
当然ながら結婚指輪を購入するときに誰がお金を出すのかは、新郎新婦で話し合って決めるのが大切になりますし、場合によっては新郎新婦の両親などがお金を用意してくれるようなこともあるかもしれません。
家族の形やそれぞれの新郎新婦の考え方などによって違いがありますから、しっかりと適した形でサービスを活用していくのが大切になるはずです。
結婚後の生活にも影響してくる重要な部分になってきますから、話し合いをすることも忘れてはいけません。

結婚指輪のセミオーダーの特徴と魅力

結婚指輪を購入する際、せっかくならこだわった指輪を選びたいけれど費用も気になるという人もいるのではないでしょうか。
そのような場合にはセミオーダーの結婚指輪を選ぶのも良いかも知れません。
既製品の中にも素敵なデザインのものは多くありますが、結婚の記念には他の人と同じではない2人のこだわりの指輪が欲しいという人もいるものです。
とはいえ世界に1つだけの指輪が作れるフルオーダーメイドとなると、費用や手間がかかり過ぎると思われることもあるかも知れません。
そういった場合には既製品よりもこだわりを反映させることができ、フルオーダーよりも費用が抑えられるセミオーダーを選ぶという方法があります。
結婚指輪のデザインを選ぶことができるほか、取り付ける宝石の種類やグレードも選べるのが一般的です。
既製品とあまり変わらない日数で納品されるのも良いところで、フルオーダーのものよりも早く出来上がりあまり待たずに手に入ることがあります。

金属アレルギーのリスクが低い結婚指輪とは

結婚する二人にとって結婚指輪はとても大切なものですが、金属アレルギーを持っているために指輪をはめることに躊躇する人もいます。
金属が汗などでイオン化したものに肌が触れることが原因で発症してしまいますが、アレルギーを起こしにくい素材もあるのです。
指輪の素材によく使われるのがプラチナですが、柔らかいため他の金属を混ぜて強度を高めています。
プラチナ自体には大丈夫でも混ざられた素材に反応してしまう可能性があるので、アレルギーのある人にはあまり向かない素材です。
イオン化しにくい素材として知られているのが、「チタン」「ジルコニウム」「タンタル」です。
チタンは軽くて丈夫なのが特徴なので、長く愛用する指輪に向いています。
ジルコニウムは美しい発色が特徴で、カラーバリエーションも豊富にあるのでオリジナルなものを作ることができます。
タンタルは他の二つよりも稀少性の高いレアメタルで、骨や歯などの医療用で使われるほど無害な素材です。
黒みを帯びているので、個性的なものが出来上がります。
100%ではありませんがアレルギーのリスクが極めて低いので、大切な結婚指輪を諦める必要はありません。

結婚指輪をフルオーダーで作るメリットと注意点

結婚指輪はデザインが完成している既製品を購入する以外にも、1から全て決めて作るフルオーダーで購入することもできます。
オーダーの結婚指輪のメリットとして挙げられるのが、世界に1つだけの指輪を作ることができるという点です。
既製品のものだと他のカップルとデザインが被ることも少なくありません。
人気デザインだとなおさらです。
オーダーの場合、プロのデザイナーやジュエリーの職人がふたりの希望を詳細にヒアリングした上でデザインを描き起こし、世界に1つだけの結婚指輪を作ることができます。
2人の想いがこめられるので、人生でも特別な指輪としてピッタリです。
デザインも2人で考えて決めることになるので、その工程も思い出になるでしょう。
ただ注意点もあり、納期が長めとなるので余裕を持って制作する必要があります。
オーダーメイドリングの制作期間は約2~3ヶ月ほどです。
すぐに手にすることはできないので、結納や結婚式の日取りなどを考慮して、早めに行動に移すと良いでしょう。

結婚指輪と一般のペアリングの違いとは

カップルで身につける指輪には大きく分けて、ペアリングと呼ばれるものと結婚指輪があります。
ペアリングは、恋人同士のとき選ぶことが一般的です。
特に結婚の約束をしているものではなく、二人でお揃いのファッションリングという感覚でつけることも多くなっています。
ファッションリングということもあり、比較的安価なものが選ばれることもあります。
素材もシルバーやゴールドなど自由に選ぶことができます。
結婚指輪はその名前の通り、夫婦が結婚後に使用する指輪です。
結婚式の指輪交換の際にも使われます。
ファッションリングで気に入ったものを結婚指輪にすることもできますが、切れ間のあるものは縁起が良くないので結婚用には向いていません。
結婚指輪は、長く愛用する指輪ということもあり、プラチナなどの耐久性が高く見た目も美しい素材が良く選ばれています。
最近はゴールドも人気です。
デザインも自由に選ぶことができますが、普段使いしやすいもの、飽きがこないものを選ぶ人も多く、シンプルなものが好まれる傾向にあります。

既製品の結婚指輪を選ぶメリットとは

すでに完成されている既製品の結婚指輪を選ぶメリットとして挙げられるのが、実際に試着して選べるという点です。
結婚指輪は年齢を重ねて、おじいちゃん・おばあちゃんになっても毎日身に着ける方が多いです。
長い期間、毎日のように身に着けるとなると、まずは付け心地を確認して選ぶことが必要となります。
セミオーダーやフルオーダーの指輪だと、完成したものを購入する前にはめて、付け心地を確認することはできません。
すでに完成しているものであれば、試着可能ですので付け心地をチェックして選べます。
デザインも見て決められるので、理想の指輪を選ぶことができるでしょう。
来店から納品まで、比較的早く受け取れるのもメリットです。
オーダーとなると完成までに数か月かかることもありますが、完成品がありぴったりサイズの在庫があれば来店当日に持ち帰ることも可能です。
該当サイズが無くサイズ直しが必要な場合や、刻印や表面加工のオプションなどをつけるケースでも、手元に届くまで2週間から1か月ほどなので、早く手元に指輪が欲しい時には既製品がおすすめです。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪のお役立ち情報

このサイトでは人気ブランドから購入方法まで、結婚指輪を初めて購入する人に役立つ内容をご紹介しています。大切な結婚の証となる指輪を手に入れる前には知っておきたい内容です。またマリッジリングの購入時に確認したいことも解説しています。長く愛用できる指輪を買うためにも、押さえておくと良いでしょう。さらに結婚した人が着けるための指輪は通販でも購入できるのかといった、気になる情報も掲載しているサイトとなっています。

Search